中央公園の鹿屋市営プールは安い!夏休みにおすすめプール。幼児プール無料!

夏休みになると子供と何をして過ごしますか?プールに行くって人も多いと思います。鹿屋市内にはいくつかプールがありますが、その中でも安い料金で利用できるとこはないか調べました。

そして今回見つけたのが、鹿屋市の中央公園水泳プール(鹿屋市営プール)に子供と行ってきたので紹介したいと思います。

鹿屋市営プール

最初に言っておきますが、ここのプールはかなり利用料安いです!鹿屋市営プールはどんな感じか見ていきましょう。

鹿屋市営プールの利用料金について

まず、一番気になるのが利用料金だと思います。出来るだけ安い方がいいですよね。

鹿屋市営プールの利用料金はこちら↓

【25m・50mプール】

大人30円
児童・生徒20円

【幼児用プール】

子供・保護者無料

 

えっ!?料金、一桁少ないんじゃない?

と思われる方もいると思います。私も最初見たとき思いました。ご覧のとおり本当に利用料金安いです!

今回は、幼児用のプールを利用しました。幼児用プールは無料で利用できるのでかなりイイですね!!

また、上記の料金は個人使用の料金です。専用使用・一部使用は料金が別になります。

プール開放期間と開放時間

鹿屋市営プールの開放期間と開放時間について紹介していきます。(平成30年のものです

開放時間はこちら↓

平成30年 7月21日(土)~8月31日(金)

土日も開放していますが、水泳の大会開催日は利用できません。

夏休み期間だけの開放ってことですね。

開放時間はこちら↓

午前 10時~11時50分

午後 13時~16時50分

プールでは安全確認のため、30分遊泳後10分の休憩を設けています。

鹿屋市営プールのタイムスケジュール

各プールについて利用上の注意

【25mプール】

深さ ⇒ 両端1.0m、中央1.1m

利用できるもの ⇒ 丸い浮輪OK、ゴーグルOK、ビート板OK

禁止事項 ⇒ 飛び込み、プールサイドを走る

【50mプール】

深さ ⇒ 両端1.2m、中央1.4m

利用できるもの ⇒ 丸い浮輪NG、ゴーグルOK、ビート板OK

禁止事項 ⇒ 飛び込み、プールサイドを走る

【幼児用プール】

深さ ⇒ 25cm50cm

利用できるもの ⇒ 丸い浮輪OK、ゴーグルOK、ビート板OK

禁止事項 ⇒ 飛び込み、プールサイドを走る

ビート板は置いてあり、自由に使うことが出来ます。

幼児用プールはこんな感じ

今回利用したのは幼児用プールです。25mのプールの深さが1.1mでうちのチビには深すぎるので幼児用プールにしました。

利用する際は、幼児用プールの受付で名前などを記入します。

幼児用プールはこんな感じ↓

鹿屋市営プールの幼児用

2つプールがあります。手前のプールが深さ25cmのプールで、奥のプールが深さ50cmのプールです。

深さ25cmのプールがあるので、小さな子供でも遊べます。幼児用プールは深さが2つあるので、子供の大きさに合わせてプールを選べるから安心ですね。

鹿屋市営プールの幼児用のビート板

↑手前にはビート板が置いてあり、奥の建物にはシャワーやトイレなどあります。

幼児用プールを利用の際は、必ず保護者の付き添いが必要です。保護者がプールで遊ぶ子供を見守れるテントが張ってあり、イスも用意されていました。ありがたいです。

ちなみに、係員の方に聞いたんですが、やはり日曜日はプールを利用する人が多いらしいです。そして、午後よりも午前の方が利用者が多いみたいですよ!

私が行ったときは、子供数人しかいませんでした。

鹿屋市営プールの場所

中央公園水泳プールの場所はこちらです↓

鹿屋市役所から坂道を上がった場所にあります。

問い合わせ・電話番号について

鹿屋市体育館内事務所

TEL : 0994-43-7221

まとめ

鹿屋市営プールは、ウォータースライダーなどはないシンプルなプールですが利用料がかなり安かったです。

一番小さなプールの深さは25cmなので、小さな子供から利用することが出来ます。幼児用のプールは無料なので本当にお得ですね!25m・50mのプール利用料も激安です。

このプールは夏休み期間だけ解放されているので、子供の夏休みに利用されてみてはいかがですか?

 

ちなみに、鹿屋市営プールよりは料金が高くなりますが、ここのプールもオススメです↓

関連記事

「あー、暑い。今日は何して過ごそうか…。」親にとっては憂鬱な子供の夏休み。子供と一緒に何をして過ごすか悩む方も多いと思います。こういうときに遊ぶ場所が鹿屋市には少ないですからね…。そんな中、夏休みに子供と遊ぶ[…]

アクアゾーンくしらの入口

参考にして下さい。